千葉ロッテの2017年は、まだこれからだ

スポンサーリンク


2017年の千葉ロッテは厳しい戦いが続いています。

千葉ロッテファン以外の人は、今年の千葉ロッテはもう終わっていると思っているでしょう。

事実、自力優勝の可能性は既になくなっています。まだ5月半ばだというのに。

千葉ロッテに関する記事は1ヶ月に1度と決めていたのですが、あまりにも厳しい戦いが続いているため、応援の意味も込めて千葉ロッテの記事を書きます。

両外国人が、少しだけど打ち始めた

開幕から不調が続いていたダフィー選手、パラデス選手の両外国人選手が一時、二軍落ちをしていました。

二軍落ちする前は、両外国人選手合わせてもホームランを1本も打っていませんでした。

しかし、一軍に上がってきてからは、ダフィー選手は4本のホームランを打っています。

そして、パラデス選手も、昨日とうとう初めてのホームランを打ち、今日も2試合連続のホームランを打ちました。

5月18日現在でダフィー選手の打率は.213、パラデス選手の打率は.174とまだまだですが、少しずつ調子は上がってきているのではないでしょうか。

そして、新たにキューバのロエル・サントス選手の獲得が発表されました。

てっきり大砲を狙っていたのかと思っていましたが、足の速い選手の獲得です。

ちょっとびっくりですが、1、2番の出塁率が低い現状では、1番を打ってくれて、出塁してくれればいい補強になるかもしれません。

角中選手、石川選手が戻ってくる

昨年の首位打者、角中選手は故障のため、4月13日に登録を抹消されていました。

もともと打線が弱かったチームなのに、角中選手の離脱は痛かった。

角中選手は、19日にも一軍復帰と言われています。

とにかく打てていないので、角中選手の復帰には、大いに期待です。

そして、不調で二軍落ちしていた石川選手も23日に一軍復帰と言われています。

昨年の防御率のタイトルを取り、WBCで先発もつとめた石川投手の復帰も楽しみです。

昨年のような投球が戻ってくれば、チームの状況も上がってくるはずです。

悪いことばかり続くわけではない

開幕当初は、とにかく打線が打てない状況が続いていました。

しかし、最近は打線に加えて、投手陣も調子が落ちてきました。

昨日などは、9回中8回も先頭打者に出塁を許しています。

相手の攻撃が、毎回ノーアウトランナー一塁から始まっているかのようでした。

これでは、勝つのも厳しいです。

伊東監督も、投手陣3人を入れ替えました。

今が、投手陣、打者陣ともに最悪の状態かもしれません。

最悪の状態がずっとつづくとも思えません。

そのうち、いい状態のときも来るはずです。

その日を信じて頑張って欲しいです。

まとめ

5月で今年のペナントレースは終わったと思いたくはありません。

自力優勝が消えて、ペナントレースの1位は限りなく難しい状況です。

しかし、今はクライマックスシリーズというものがあります。

3位以内になれば、日本シリーズに出場できる可能性があり、日本一になれる可能性もあるのです。

たとえ、3位以内に入れなかったとしても、ファンを喜ばせる野球というものはあると思います。

まだまだ、今年の千葉ロッテ、見るべきものはあります。

今後の活躍に期待しましょう。

【編集後期】

この記事を書いている途中に、千葉ロッテは今日も負けて8連敗となりました。

メンバーの入れ替えも行っていて、何とかしようとする気持ちはあるのでしょうが、なかなか結果につながりません。

こういうチーム状況の中で、いきのいい若手が出てきてくれるといいですね。


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事