プロ野球におけるタッチプレーのリクエスト制度について

スポンサーリンク


2018年から、プロ野球では、リクエスト制度が導入されました。

リクエスト制度とは、簡単に言うと、審判の判定が間違っていると思った時に、ビデオ判定を求めることができる制度です。

全てのプレーにリクエスト制度が認められている訳ではありませんし、リクエストをする回数にも制限があります。

昨年から、このリクエスト制度で判定が覆るシーンをかなり見てきました。

しかし、ビデオで見てもとても際どい判定も多く、審判が間違えるのも仕方ないかなということが多いです。

今回は、審判を問題にするのではなく、タッチプレーにおけるリクエスト制度について思うところを書いてみます。

タッチプレーは危険を伴う

タッチプレーになる際は、ランナーがスライディングをすることが多いです。

手から滑り込むヘッドスライディングはともかく、足から滑り込むスライディングは、タッチをする方の野手にとっては危険を伴います。

フォースプレーのときはタイミングを見ればいいのですが、タッチプレーのときは、タイミングと、実際にタッチをしているかどうかを見なくてはいけません。

わたしが学生の頃は、タッチをするときはベースで待っていろと言われました。

ボールを持ったグラブをベースのところに置いて待っていると、何が起こるかと言うと、グラブに相手がスライディングをしてくることになります。

わたし自身、グラブや手を2回ほどスパイクされたことがあります。

大したケガにはなりませんでしたが、危険なプレーになります。

先日、千葉ロッテの試合で、対戦相手のオリックスが二盗をした際に、ショートを守っていた平沢が、タイミング的には完全にアウトのタイミングでタッチをしました。

平沢は、ベースで待っているのではなく、相手にタッチをしにいきました。

タイミングは完全にアウトだったため、審判はアウトの判定をしました。

これに対して、オリックス側がリクエストをしました。

ビデオで見る限り、平沢のタッチが空振りをしているように見えました。

ビデオ判定の結果、判定が覆り、セーフになりました。

平沢のタッチが甘いという意見もあると思いますが、完全にタイミングがアウトの場合で、足からスライディングをしてきた場合は、仮にタッチが空振りをしていたとしても、アウトで良いのではないかと思います。

千葉ロッテのショートには本来藤岡という選手がいます。

今は故障をしていて二軍にいますが。

藤岡は、タッチの際にベースで待っていることが多いです。

実際に、それでスパイクをされているシーンを何回か見たことがあります。

そのプレーを見るたびに危険だなぁと思います。

プロ野球では、本塁での衝突を避けるため、コリジョンルールが適用されています。

これによって、キャッチャーがブロックをすることもなくなり、走者がキャッチャーに体当たりをすることもなくなりました。

これは、けがを防止するために導入されたルールです。

であるならば、足からのスライディングの場合は、タッチが多少空振りをしていても、タイミングがアウトならば、アウトで良いのではないでしょうか。

足からスライディングしてくる相手に対して、タッチをすることは大変難しいですし、危険を伴います。

タイミングが完全にアウトなのに、セーフになってしまうのは何かスッキリしないんですよね。

リクエストによって、こういったタッチの空振りが目立つようになると、より厳しくタッチをしにいく必要が出てきます。

その結果、スパイクをされてけがをする選手が出てしまうかもしれません。

ヘッドスライディングは別

手からのスライディングは別です。

先日の千葉ロッテの試合で、一塁ランナーの荻野が牽制球でアウトの判定を受けました。

千葉ロッテ側のリクエストにより、判定が覆りセーフになりました。

このときは、タイミングはアウトだったのですが、荻野が上手く身体をひねり、相手のタッチをかわしてベースタッチをしたのです。

手からの帰塁は特別相手に危険が伴うわけではない(どちらかというと、ランナーの方が手を痛める可能性がある)ため、これは荻野の見事な走塁だったと思います。

こういったプレーは見ていて楽しいので、なくなったら寂しくなります。

足からのスライディングとは分けて考えた方がいいと思います。

まとめ

足からのスライディングの場合のタッチプレーは、タイミング重視の判定で良いのではないかと思います。

そうしないと、危険を伴います。

コリジョンルールや危険球への対応など、プロ野球は選手の危険に対して対策を講じてきました。

足からのスライディングに対しても、対策を講じた方がいいのではないでしょうか。

【編集後記】

娘が初めての離乳食を口にしました。

最初はスプーン1杯だったものが、1週間もすると、スプーン3杯にもなるんですね。

成長のスピードが速くてびっくりします。

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事