ブログを2週間更新しなかった影響はあったのか

スポンサーリンク


ブログを始めてから2年9ヶ月ほど平日毎日更新を続けていましたが、今年の1月3日に更新が途絶えてしまいました。

2週間後に平日毎日更新を再開しましたが、更新が2週間途絶えたことによる影響はあったのでしょうか。

PVの影響はほとんどない

ブログを書いている人であれば、やっぱり気になるのはPVです。

結果を言えば、わたしの場合はほとんど影響はありませんでした。

わたしの場合は、更新が途絶えただけでなく、その間ブログを見ることもできない状態でした。

それでも、復活して数日もすると、PVは元に戻りました。

今は税理士のブログのPVは多い時期ですが、それを考慮しても更新が途絶えた影響はなかったと言っていいでしょう。

むしろ、昨年のこの時期よりもPVは増えています。

更新を毎日楽しみにしている人が多くいる訳でもありません。

ブログを訪れる多くの人は検索によって訪れます。

2週間ほどブログが見られない状態になっても、GOOGLEの検索には影響を与えなかったみたいです。

わたしの場合はPVは一つの目安に過ぎませんが、それでも影響がなかったことでホッとしました。

影響があったのは、気持ちの問題

影響があったのは、気持ちの面です。

更新が途絶える前は、平日毎日更新にこだわりが強かったです。

せっかく更新を続けてきたのだから、何とか更新を続けたいという気持ちが強くありました。

しかし、更新が途絶えたことで、このこだわりが弱くなりました。

それでも、1月半ばに更新を再開して以降平日毎日更新を続けています。

更新を続けてはいるけれど、変な力が抜けたと言うか、気持ち的には楽な気持ちで書けています。

今の調子だと、そのうち更新できない日も出てきそうな気がします。

しかし、更新しなかったとしても、その翌日にはまた更新を再開することができるのかなと思っています。

ブログの効果としては、続けることが大事だと思っています。

続けるということは、必ず平日毎日更新を続けるということではありません。

ある程度の頻度で更新ができていれば、更新を続けることができているということです。

結果として、気持ち的に楽になったのは良かったかなと思います。

まとめ

1月にブログの平日毎日更新が途絶えた影響について書いてみました。

今日の記事も更新が遅い時間になってしまい、力の抜けた記事となっています。

毎回力の抜けた記事ばかりではブログを続ける意味が薄れてしまうかもしれませんが、たまには力の抜けた記事があってもいいのかなと思います。

いつも力抜けてるじゃん、という声も聞こえてきそうですが。

【編集後記】

娘が生まれて12日目にして名前が決まりました。

ということで今日は出生届を提出してきました。

娘はまだ入院中ですが、動画を見ると、産まれた翌日から比べると随分と動きが力強くなっています。

赤ちゃんは1日1日成長するものなのですね。

今日近所の郵便局に行ったら、雛人形が飾ってありました。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事