千葉ロッテマリーンズ 2019年シーズンは、ホームランが増えてまずまずのスタート

スポンサーリンク


2019年のペナントレースが開幕をして1ヶ月以上が経ちました。

千葉ロッテマリーンズは、15勝16敗の借金1で4位タイとなっています。

Bクラスではありますが、まずまずのスタートを切ったのではないでしょうか。

レアードの獲得は大成功

今年の千葉ロッテで一番目立っているのが、ホームラン数の増加です。

今年は、ZOZOマリンスタジアムにホームランラグーンが設置されホームランが出やすくなることは予想されていましたが、予想以上にホームラン数が増えています。

昨日までの32試合で、39本のホームランを打っています。

昨年のチームホームラン数が78本でしたから、すでに昨年の半分を打ったことになります。

このペースで行くと、年間では174本になります。

このホームラン数の増加にホームランラグーンが貢献していることは間違いないのですが、それ以上に貢献しているのが、日本ハムから移籍したレアードです。

開幕から4試合連続ホームランを打ち、その後も順調にホームランを打っていて、昨日時点で13本ものホームランを打っています。

レアードにはとにかくホームランを期待していましたが、ここまでは予想以上の活躍をしてくれています。

レアードと言えば、ホームランは打つけれども、打率は低く得点圏打率も良くないという印象でしたが、今年は、打率も3割以上をキープしています。

開幕前は30本打ってくれたらいいなと思っていましたが、今では40本打ってくれたらいいなと思っています。

ホームランラグーンができて、「あれがホームランになっちゃうのか!」というようなこともあるのですが、やはり、ホームランが多いと見ている方は楽しいですね。

チームの調子と比例する荻野の調子

次に頑張っているのが荻野です。

昨年は開幕から調子が良かった荻野ですが、途中故障をしてしまいました。

チームも荻野が出ている間は調子が良かったのですが、荻野が故障した途端に調子が落ちていきました。

今年も、開幕には荻野の姿がなく、チームの調子が上がりませんでした。

荻野がスタメンで出るようになってから、チームの調子も上向きました。

今では千葉ロッテの攻撃陣に欠かせない存在となっています。

先日の試合では、初回にヒットで出塁をすると、すかさず盗塁をし、その後、振り逃げの間に好走塁で3塁に進み、犠牲フライでホームに帰ってくるという、いかにも荻野らしい走塁を見せてくれました。

ここまで、7盗塁で失敗が0というのも素晴らしいです。

千葉ロッテは、井口監督になってから積極的な走塁を見せていますが、盗塁刺や走塁死が多いことが気になっていました。

中村は昨年39盗塁をしましたが、盗塁刺も15個ありました。

昨年の盗塁王の日本ハムの西川は、盗塁数が44個で、失敗はたったの3回しかありませんでした。

積極的な走塁も良いのですが、あまりにも多い盗塁刺や走塁死はチームにとってもマイナスだと思います。

これからも、荻野の盗塁成功率に注目したいです。

そして、荻野といえばケガです。

今年でプロ入り10年目になりますが、一年を通して試合に出たことがありません。

とにかくケガをしないで頑張って欲しいです。

岩下、種市の台頭

投手陣では、岩下と種市の若手2人が頑張っています。

両投手とも、昨シーズンの後半から頭角を現していましたので、今シーズンは期待をしていました。

今のところ、期待以上の活躍をしてくれています。

この2人が一年を通してとまでは言いませんが、なるべく長い期間に渡って先発ローテーションを守ってくれれば嬉しいです。

2人で15勝くらいを期待したいです。

岩下は、大きな手術を経験していますので、無理せずに故障に気をつけて頑張ってもらいたいです。

2人とも真っ直ぐに力はありますが、球種は多い方ではないと思うので、もう1種類か2種類球種を増やして、息の長い活躍ができる投手になって欲しいですね。

他には、7回以降を任されることが多い、酒居、唐川、益田が頑張ってくれています。

なかなか一年を通して好調という訳にはいかないと思うので、疲れが見えてきたときには、他の投手陣が頑張ってくれることを期待します。

有吉が離脱してしまったことは残念ですね。

今シーズンはともかく、来シーズンは元気な姿を見せてくれることを期待します。

まとめ

千葉ロッテは今のところ、まずまずの状態だと思います。

しかし、中村、藤岡、田村、石川、二木など調子が上がっていない選手もいます。

特に、中村は練習中の怪我以来元気がないように思います。

全員が調子が良いということはないので、徐々に調子を上げていってもらえればと思います。

今年こそはクライマックスシリーズに進出するチャンスだと思うので、期待して応援します。

【編集後記】

3号被保険者の年金を半額する案がどうこうというネットの記事について、色々なコメントがあがっています。

それぞれが色々なことを言っていますが、話題になることで年金制度の理解が高まり、いい制度になっていけばいいなと思います。

年金は複雑すぎてすべてを把握するのが困難という点は残念です。

アイキャッチ画像のビールは、スーパーで見かけてつい買ってしまいました。

家でビールを飲むことなんてほとんどないんですけどね(笑)


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉 朝生

1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。