ブログで自分のキャラを伝えられているかどうか、客観的に見ることは大事

スポンサーリンク


ブログの目的のひとつに、自分を知ってもらうということがあります。

しかし、ブログで自分を知ってもらうということは、意外に難しいものです。

自分では、伝わっているだろうと思っていても、伝わっていなかったり、間違って伝わっていることも多いものです。

間違いとは言わないまでも、ニュアンスが違うというようなことはよくあります。

集客と、自分を知ってもらうこととは別のこと

ブログの目的を集客に絞るのであれば、人が集まるような記事を書くことになります。

自分のことなんか知ってもらわなくても、人が興味を持つようなことを書いた方が人は集まるでしょう。

しかし、自分のことを知ってもらおうと思ったら、書く内容は変わってきます。

集客目的であれば、多少オーバーにとか、目立つようにとか、少しでも気を引くように書くかもしれません。

しかし、自分を知ってもらおうと思った場合は、なかなか難しいです。

いいことばかり書いても、本当の自分は伝わらないし、逆にふざけすぎても、伝わらなくなってしまいます。

さらに、自分をどう見せたいかということもあります。

実際よりよく見せたい、あるいは、素のままの自分を知ってもらいたいということもあるでしょう。

仕事用のブログであれば、自分を控え目に見せることは考えないほうがいいです。

ブログの目的によって、自分の見せ方も変える必要があります。

一つの記事ではなく、ブログ全体を通して自分を知ってもらう

自分を知ってもらうには、プロフィールページを作ったり、自分を紹介する記事をいくつか書くという方法もあるでしょう。

それで、ある程度の人となりは伝わるかもしれません。

しかし、もっとよく知ってもらうには、ブログ全体を通して自分を知ってもらうことを心がけた方がいいでしょう。

ブログ全体が醸し出す雰囲気というものがあります。

一つの記事だけではなく、ブログ全体から感じる雰囲気のほうが、その人らしさを反映していると思います。

人に聞いてみる

実際に自分のことを知っている人に、ブログの感想を聞いてみましょう。

自分らしさがよく出ていると言われるかもしれませんし、実際の人物と全然違うじゃん、て言われるかもしれません。

どちらにしても、人の意見は参考になります。

自分が気づいていなかったことを教えてくれるはずですので、周りの人に、ブログで自分のことが伝わっているかを聞いてみることはおすすめです。

まとめ

ブログは、一方的に文章で伝えます。

自分が伝えたいことが正しく伝わっているかどうかは、なかなかわかりません。

まずは、周りの人に聞いてみて、本当に伝わっているかを確認してみましょう。

慣れてきたら、自分で、自分のブログを客観的に見ることができるようになれば、もっといいと思います。

なかなか自分のことは、自分ではわからないのですが、慣れることで、ある程度はわかるようになるはずです。

自分のブログを読んでくれている人と話すときは、どんな風に伝わっているんだろうと、よく観察するようにしましょう。

初めて会うお客様が、ブログを読んで自分のことをどう思っているのかを知ることは今後に繋がります。

せっかく、仕事のためにブログを書くのですから、自分のことがどのように伝わっているかを客観的に見ることができるようになりましょう。

【編集後記】

ドラマ「天までとどけ」の主題歌を歌っていた川越美和さんが、2008年に亡くなっていたそうです。

「天までとどけ」は好きなドラマでした。そして、川越美和さんは学年でいうとわたしと同い年です。悲しい気持ちになります。

「天までとどけ」は大家族を描いたホームドラマでした。このドラマの出演者が、最近テレビ番組に集まって出演していましたが、三男を演じていた方も同じく2008年に亡くなっているんですね。

ドラマの中では、みんな幸せそうだったのにと思うと、寂しいです。

「天までとどけ」といえば、竹内力さんが先生役で出演していました。今とは、全く違うキャラで、当時は、その後に今のようなキャラになるとは想像もできませんでした。


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事