吉本興業の件についての感想

スポンサーリンク


バラエティが好きで、宮迫さんも亮さんも随分と長い間テレビで観てきましたし、二人とも自分と年齢も近いことから、今回の問題については、色々と思うことがあります。

アメトーークについては、随分と前から、自動で録画されるようにしており、毎週のように観ていました。

ガンダム芸人や、わたしが好きな尾崎豊芸人、わたしが昭和47年生まれであるので、華の47年に生まれた芸人など初期の頃の印象が強く、最近は観ない週もあったという感じです。

家電芸人や運動神経悪い芸人なども最初の頃はとても面白く好きな番組でした。

ロンドンハーツはアメトーークほどは観ていませんが、出川さんや狩野英孝さんのドッキリなどは凄く面白く好きでした。

亮さんは淳さんに比べると、世間的には印象が薄いかもしれませんが、個人的には、淳さんよりも亮さんの方が好きでした。

こんな感じで、わたしにとって二人は随分と長い間、テレビで観ることが当たり前の存在でした。

わたしは、今回の問題をすべて把握している訳ではありません。

ですから、ここで書くことも、事実と異なることがあるかもしれません。

まず第一に、二人が嘘をついてしまったことは問題だったと思います。

しかし、一昨日の二人の会見では、宮迫さんが入江さんに、「お金をもらってないと会社やその他の芸人に言ってくれ」と指示をしたということでした。

最初の記事や写真が出たときに、普通の人は「あれでお金をもらってないはずがない。」と思ったと思います。

であるならば、会社は、入江さんからお金はもらってないと聞いたときに、もう少し丁寧にヒアリングをして、真実を聞き出すことができたのではないかと思います。

もし、そのときに真実を聞き出して、お金をもらっていたと発表して謝罪していれば、これほどのことにはならなかったのではないかと思ってしまいます。

会社と本人のどちらが最初にお金をもらってないと発表したかはわかりませんが、会社がきちんと本人たちからヒアリングをしていれば、その時点でお金をもらっていたことを公表できたのではないかと思います。

ということで、やはり、最初に嘘をついてしまったこと、会社が丁寧にヒアリングをすれば、嘘だということが初期の段階でわかったのではないかということ、そして、その嘘だったということを早い段階で公表できなかったことなど、初期の段階での対応のまずさが悔やまれる結果になったと思います。

一昨日の会見は、最初だけ生中継で観ていました。

宮迫さんのしゃべりが、緊張をしていて、色々な感情がわきおこり、また申し訳ないという気持ち、変なことを言ってはいけないなど、とにかく大変な状況でゆっくりとしゃべっているという印象でした。

ゆっくりとしかしゃべれなかったというのが本当のところかもしれません。

一方の亮さんは、普段は噛むことで有名なのですが、宮迫さんよりはきちんとしゃべっていたという印象です。

会見の時点では、二人とも吉本興業との契約は解除ということで話をしていました。

ですから悲壮感というか、必死さが伝わる会見でした。

個人的には、今回の件では、最初から引退はしなくてもいいのではないかと思っていました。

芸能人というのは、需要がなければ仕事がない訳ですから、自分から引退をしなくてもいいのではないかという意見です。

もちろん、一定期間の謹慎はした方がいいとは思っていますが。

会見では色々なことがわかりましたが、宮迫さんが本当にお金をもらっていたことの記憶がなかったのかどうかがわかりませんでした。

少なくとも、入江さんはわかっていたと思うので、宮迫さんと入江さんが話したときに、宮迫さんは100万円もらってますよという話にならなかったのか、という疑問があります。

また、亮さんは50万円もらっていたと自覚があったと思うので、入江さんからもらってなかったことにするという話を聞いたときに、反対できなかったのかという疑問があります。

こういった疑問はありますが、あそこまでの謝罪会見を開いたわけですから、一定期間の謹慎期間を経て復帰するのは悪くないと思います。

そして、今回の会見を聞いて、色々な芸人が色々な発言をしています。

これは、一般の会社ではなかなかないことです。

もし、これが一般の会社であれば、世間に向けての会見を開くこともないでしょうし、周りの社員がフォローしてくれることも期待できないと思います。

吉本興業ならではのことかもしれません。

結果として、宮迫さんや亮さんは復帰できる可能性が高くなったと思います。

今日になって、吉本興業の社長が会見をしたみたいです。

会見は見ていないので、よくわかりませんが、ネットの反応を見ていると、あまりいい印象は持たれなかったみたいです。

昨日のワイドなショーでのVTRでも、「この社長大丈夫か」という印象を持ったので、社長にとっては、やはり会見は難しかったのかなと思いました。

最近は、芸能人や有名人が何か問題を起こすと、ネットで物凄く叩かれます。

その流れが、今回のことで、少し和らげばいいなと思います。

もちろん、宮迫さんや亮さんは悪いことをしたので、謝罪をしたり、謹慎をしたりする必要はあるかもしれません。

しかし、引退をするまでのことだったのかという疑問があります。

昨日の会見で、この問題がどう着地するのかはまだまだわかりません。

ただ、バラエティ好きのわたしとしては、テレビで普段から慣れ親しんでいる人たちを見られなくなるというのは、寂しい気がします。

悪いことをしてしまった人たちは、反省をしてまた元気な姿を見せて欲しいなと思います。

謹慎期間がどのくらいになるかわかりませんが、亮さんが、年末か年始の「クイズ正解は一年後」で復帰をしたら面白いなと思っています。

亮さんについては、半年くらいの謹慎でいいような気がします。

ちなみに、「クイズ正解は一年後」とは、今後一年でどうなるかという問題を出して解答者が解答します。

そして、一年後に答え合わせをするという番組で、個人的にはお気に入りの番組です。

それから、話は変わり、失敗をしてしまった時の対応というのは、自分が仕事をするうえでも大切なことなので、こういった失敗は他人ごとと思わずに、自分でもやってしまわないように気をつけないといけないですね。

失敗をしてしまった時は、その失敗を最小限にとどめられるようにすることも大切です。

もちろん、最小限ということは隠すということではありません。

【編集後記】

親知らずを抜いた痛みがなくなって、ラーメンがアイキャッチ画像を飾るケースが増えています。

今日は船橋市にあるラーメン屋さん「やぶれかぶれ」の限定メニューで、汁なし麻婆担々麺です。

つけ麺を食べるつもりだったのですが、限定メニューがあったので、限定メニューを選びました。

辛さは控え目ですが、美味しかったです。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉 朝生

1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。