事務所を借りて2年が経ちました

スポンサーリンク


2016年8月1日に自宅兼事務所で開業した後の2017年11月6日に今の事務所を借りました。

そのときの記事はこちら・・・

紹介しようと思いましたが、移転をした日に、そういった記事は書いていませんでした(笑)

地元での認知度は上がってきたのか

まちの税理士事務所をうたっていますので、出来れば、地元での認知度を高めたいと思っています。

事務所を借りて2年、地元での認知度は上がったのでしょうか。

正直言うと、認知度が上がったと感じることはあまりありません。

1年前には電柱広告を始めました。

電柱広告を試してみることにした

2018.11.29

残念ながら電柱広告は効果を感じることができませんでしたので、今年いっぱいで終わりにします。

わたしが知らないだけで、もしかしたら、電柱広告によって弊事務所のことを知って頂いた人がいるかもしれません。

しかし、自分で効果を感じることができない以上続けることは難しいです。

電柱広告の代わりに、市政だよりに広告を出すことにしました。

市政だよりは月2回発行され、広告は1回ごとに料金がかかります。

予算の都合で、毎回という訳にはいきませんが、年に何回かの広告を続けてみようかと思っています。

電柱広告よりは、市政だよりの広告の方が目に留まるのではないかと思っています。

2年の間に、事務所の前を通りかかって直接事務所を見たことがきっかけでお客様になって頂いた方もいらっしゃいますが、ほとんどの方は、ホームページやブログを見て問い合わせを頂いています。

詳しく確認していませんが、ホームページやブログを見て問い合わせを頂いた方の中には、もしかしたら、ここに税理士事務所があることを知ったうえで、ネットで検索をした方もいるかもしれません。

それでも、まだまだ地元での認知度が高いとは言えないでしょう。

問い合わせの傾向に変化はある

地元での認知度が上がっているとは言えませんが、問い合わせの傾向には変化を感じています。

前にブログに書いたこともあるのですが、開業してしばらくは法人の問い合わせが少なく、個人事業主の方が主でした。

そういうこともあって、現時点で個人の確定申告の時期が一年で一番忙しい時期となっています。

対して、法人の方はまだまだ余裕があり、もっとお客様を増やさないといけない状態です。

そのような傾向だったのですが、昨年の後半から状況が変わってきています。

昨年の上期は新規の法人のお客様は1件もありませんでした。

しかし、下期は6件の法人のお客様と顧問契約を締結しました。

そして、今年はすでに7件の法人のお客様と顧問契約を締結しています。

昨日も新しく会社を設立する方の面談がありましたし、明日も新規の法人の方と面談の予定が入っています。

特に、今年に入ってからは、個人のお客様よりも法人のお客様からの問い合わせが多くなっています。

開業当初は、実績がない事務所だから法人のお客様はなかなか来ないのかなと思っていましたので、そういった意味では、ネットを通じて少しは認められる事務所になったのかもしれません。

ただし、ほとんどのお客様はホームページやブログを見て問い合わせを頂いていますので、地元での認知度という点では、まだまだなのだと思います。

まとめ

事務所を借りて2年が経ちました。

ホームページやブログで営業活動を行っているとは言え、まちの税理士事務所として、地元での認知度も上げたいと思っています。

まだまだ認知度は高くないと思うので、多少の広告費を使ってでも、地元での認知度を上げるための工夫をしていこうと思います。

あくまでも多額ではなく多少の広告費ですが。

【編集後記】

事務所が入っている建物の敷地内にある郵便ポストが塗装され綺麗になっていました。

この懐かしい感じの郵便ポストは趣があっていいのですが、定形外の郵便物やレターパックを入れることができないのが不便です。

でも、この郵便ポストが今どきの形になったら、それはそれで寂しいんですけどね。

ちなみに、塗装前はこんな感じでした。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事