千葉ロッテマリーンズ2020年の開幕スタメンを妄想してみた

スポンサーリンク


昨年の11月12日に以下の記事を書いていました。

ちょっと気が早いが、千葉ロッテマリーンズの2019年の開幕スタメンを妄想する

2018.11.12

昨年の答え合わせをした後に、2020年の開幕スタメンを予想したいと思います。

2019年の開幕スタメンの答え合わせ

2018年11月12日に以下の通りに予想をしました。

1番センター  荻野
2番ライト   平沢
3番セカンド  中村
4番指名打者  バルガス
5番ファースト 井上
6番レフト   角中
7番サード   安田
8番キャッチャー田村
9番ショート  藤岡

もう一度言っておきますが、これは開幕の4ヶ月以上前にした予想です。

実際の2019年の開幕スタメンは以下の通りでした。

1番センター  藤原
2番ライト   加藤
3番セカンド  中村
4番ファースト 井上
5番レフト   角中
6番サード   レアード
7番指名打者  バルガス
8番キャッチャー田村
9番ショート  藤岡

打順がぴたりと一致したのは、3番中村、8番田村、9番藤岡の3人でした。

ちょっと少ない気もしますが、井上、角中、バルガスについては打順がちょっと違いますが、名前は入れていました。

おまけしてこの3人を当たりとすれば、6人を当てたということになります。

1番の荻野についても、出遅れはしましたが、1番センターで規定打席に到達しましたので、まぁ当たりと言っていいのではないでしょうか。

レアードは予想した時点で加入することが決まっていませんでしたので、仕方ありません。

そう考えると、完全に外したのは2番の平沢だけということになりますね。

鈴木大地のスタメン落ちも予想が当たったことになります。

大甘な採点ですが、なかなかの予想だったと思います。

2020年の開幕スタメン予想

では、2020年の開幕スタメンを予想します。

1番センター  荻野
2番ショート  藤岡
3番ライト   マーティン
4番指名打者  井上
5番セカンド  中村
6番ファースト 安田
7番サード   レアード
8番キャッチャー田村
9番レフト   高部

昨年は保守的な予想でしたが、今年は少し攻めてみました。

1番の荻野は故障がなければ、ほぼ決まりでしょう。

ショートは藤岡だと思うんですけど、打順で迷いました。

2番が空いていたので、2番藤岡としました。

マーティンはまだ残留が決まっていませんが、残留を期待しての3番です。

安田がファーストを守ると予想したので、井上は指名打者で4番です。

5番も迷いましたが、中村にしました。

中村は2019年が悪すぎたので、状態がどこまで上がってくるかですね。

状態が良ければ、中村とマーティンは逆でも良いですね。

6番には安田を入れました。

今年こそはレギュラーとして一年間頑張って欲しいです。

安田が開幕からある程度打ってくれれば、クリーンナップを打ってもらいたいですね。

レアードは今年の終盤は全く打てなくなってしまったので、7番くらいで気軽に打ってもらいましょう。

8番は田村にしましたが、ドラフト2位の佐藤が打てるキャッチャーとして入団しましたから、田村にとって代わる可能性もあると思っています。

9番は期待を込めて新人の高部としました。

まだ契約もしていないと思いますが、俊足強肩でバッティングも良いみたいなので、開幕から暴れて欲しいですね。

角中はもう3年間も打率がイマイチですから、あの成績ではレギュラー確定とは言えませんし、あの成績で試合に出続けられるようではロッテの優勝はないと思います。

もちろん、過去に2回も首位打者をとった選手ですから、奮起をしてくれればありがたいですけどね。

鈴木大地は、まだ残留するかどうかが決まっていませんが、今年もスタメンからは外れると予想しました。

残留してくれれば、ユーティリティープレイヤーとして、故障や調子が悪い選手の代わりに入って活躍してくれることを期待します。

代打要因は、右が清田、左が香月となります。

そして、2年目の山口が意外と早く出てくるような気がします。

フェニックスリーグで1試合2本塁打を打った時の動画を見ましたが、かなり力強いスイングをしていたと思います。

日本ハムの中田に似てるところがあるように思いました。

来年の後半にはレフトのポジションをとっているかもしれないと期待しています。

そしてもう1人忘れてはいけないのが、藤原ですね。

肩を故障したみたいなんですが、状態がどのくらいなのかがよくわかりません。

藤原も来年は是非見たい選手ですから、頑張って欲しいですね。

ここまで平沢の名前が出ないのは残念ですが、最近は目立たなくなってしまいましたね。

来年で5年目になりますから、そろそろ1軍で活躍するレベルにならないと厳しいような気がします。

ドラフト5位の福田という選手も楽しみな選手です。

ショートの守備が上手いみたいです。

もし、藤岡よりも守備が上手いんだったら、試合で見てみたいです。

このブログでは育成の和田について何回か名前を出して書いています。

先日、鴨川キャンプに行ってきて、和田を生で見てきました。

見づらい写真で申し訳ないのですが、アイキャッチ画像の真ん中あたりに写っているのが和田です。

生で見ると、やはりまだ線の細さが目立ちますね。

一軍とかいう前に、まずは支配下登録を目指して頑張って欲しいです。

来年の開幕までには何とか支配下に入れるんじゃないかと期待しています。

選手層はだんだん厚くなってきていると思うので、予想が外れたとしても、千葉ロッテが優勝争いをしてくれれば、それで良いですね。

今回は野手のみにして、投手陣については、また機会があれば書いてみたいと思います。

【編集後記】

あっ、今日は金曜日だった。

最近曜日の感覚がおかしくなってるなぁ。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事