ポイントの使い道の観点から、楽天ポイントはおすすめ

スポンサーリンク


ポイントという言葉には、とても魅力的な響きがあります。

色々なポイントがありますが、ポイントの使い道を考えると、楽天ポイントはおすすめです。

その中でも、ポイントの使い道として、おすすめなのは、ポイントで投資信託を購入することです。

ポイントの仕組みを理解する

ポイントという言葉にはとても魅力的な響きがあり、誤解をしてしまうことがあります。

例えば、以下のようなケースを考えます。

・販売価格 10,000円 ポイント10%
・販売価格 9,090円 ポイント1%
・販売価格 9,000円 ポイントなし

上記の3つのケースは、ポイント還元後の価格はどれも9,000円になります。

この場合、通常は販売価格9,000円ポイントなしを選ぶのが一番お得だと思います。

ポイントは、使い勝手が悪かったり、期限が決まっていて失効してしまったり、あるいはポイント発行会社が倒産して無効になってしまう可能性もあります。

ですから、ポイント還元後の価格が同じであれば、ポイントがない方がお得だと言えます。

しかし、なかにはお得に買い物をするよりも、ポイントを貯めたいと思う人もいます。

本来の目的からすると、本末転倒のようにも思えます。

では、下記の場合はどうでしょうか。

・販売価格 10,000円 ポイント10%
・販売価格 9,100円 ポイントなし

ポイント還元後では、販売価格10,000円ポイント10%の方がお得ですが、ポイントの使い勝手が悪ければ、販売価格9,100円ポイントなしの方がいいという人も多いでしょう。

こうして考えてみると、ポイントの有効性は、使い勝手にかかっていると言っても過言ではありません。

細かくなりますが、ポイントを使って購入した場合にポイントが付くかということも考慮した方がいいでしょう。

それから、ポイント〇倍と、〇%引きの違いも理解しておきましょう。

ポイント還元率1%のものが、ポイント3倍になっても、3%のポイントにしかなりません。

このときに、ポイントはないけれど、5%引きのものがあれば、5%引きの方がお得になります。

ポイント〇倍は、凄くお得のように感じますが、元々のポイントの還元率が低ければ低いほど、〇倍の数字が増えても、大してお得にはなりません。

楽天ポイントの使い道

楽天ポイントは、楽天市場での買い物に使うことができるので、使い勝手がいいです。

また、ポイントを獲得してから1年間有効です。

すべてのポイントが有効になるので、1年に1度以上ポイントを獲得すれば、実質的には永久に有効となります。

そして、楽天ポイントは最近もの凄く攻めています。

楽天ポイントで投資信託を購入できるようになりましたし、楽天ポイントを使って投資信託を購入すると、その月のSPUポイントが+1倍されます。

さらに、投資信託を購入して、楽天カードで決済をすると、1%のポイントが付きます。

月に5万円が上限ですので、毎月5万円の投資信託をクレジットカードで決済すれば、毎月500ポイントが貯まります。

その貯まったポイントで投資信託を購入すれば、SPUポイントが+1倍されることになります。

つみたてNISAの購入でも対象になりますので、楽天証券でつみたてNISAを利用している人は、クレジットカードでの決済がおすすめです。

※iDeCo(個人型確定拠出年金)については、ポイントで購入することはできませんし、クレジットカード決済もできません。

まとめ

わたしは、楽天ポイントで投資信託を購入できるようになってからは、楽天ポイントで投資信託を購入していました。

今後は、つみたてNISAを楽天カードで決済をするようにして、そこでもポイントを貯めます。

そして、貯まったポイントでさらに投資信託を購入してSPUポイントを+1倍させます。

ポイントを貯めるのが好きな人にとっては、ポイントの使い勝手が大切です。

楽天ポイントは今までも使い勝手が良かったのですが、最近はますます使い勝手に磨きがかかりました。

ポイントを貯めるのが好きな人は、楽天ポイントで投資信託を購入してみてはいかがでしょうか。

 

※投資信託は元本が保証されていません。投資はあくまでも自己責任でお願いします。

楽天ポイントには期間限定ポイントがあり、期間限定ポイントでは投資信託は購入できません。

ポイント〇倍とか、キャンペーンのポイントは期間限定ポイントであることが多いので、お気を付けください

【編集後記】

最近色々なことが並行して起こっています。

その影響もあってか、人と会うことが出来ていません。

もう3か月以上電車にも乗っていません。電車に乗っていないということは、東京方面に行っていないということです。

もう少し、人と会った方が新しい気づきがあると思うので、何とかしたいなと思います。


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事