税理士の大移動が起こる可能性は十分あると思う

スポンサーリンク


税理士は一度契約すると継続するのが当たり前と考えている人も多いと思います。

実際、税理士と顧問契約をする際には、継続を前提に考えて契約をすることが多いでしょう。

それは、お客様側も税理士側も同じです。

ですから、税理士事務所側からすると、一旦ある程度のお客様を獲得してしまえば、売上が激減して事務所が潰れるという可能性は少なくなります。

実際に、ある程度のお客様を獲得したのちに、売上が激減して税理士事務所が潰れたという話は聞いたことがありません(わたしが知らないだけかもしれませんが)。

潰れるのではなく、何らかの理由で廃業するという人はいるでしょう。

しかし、今後は税理士の大移動が起こる可能性もあると思っています。

税理士を変更しない理由

一度契約をした税理士を変更しない理由には以下のようなものがあります。

・会社や個人のお金のことを全部話さないといけないから、めったに変えるものではない
・他の税理士を知らない
・顔を合わせた付き合いだから変更しづらい

会社や個人のお金のことを全部話さないといけないから、めったに変えるものではない

税理士と契約をすると、会社のお金に関する情報の多くを税理士に知らせることになります。

また、年末調整も依頼をすると、従業員の個人情報も伝えます。

小規模企業の場合は、経営者個人のお金に関する情報も伝えることが多いでしょう。

大切な情報を伝えて仕事をしてもらう訳ですから、一度お願いした税理士を簡単に変更しようとは思いません。

変更をすると、また新たに、色々な情報を次の税理士に伝えなくてはいけなくなります。

他の税理士を知らない

一般的に、多数の税理士を知っているという人は多くないと思います。

仮に何人かの税理士を知っていたとしても、その税理士がどんな仕事をいくらでやっているかまでは知らないことが多いでしょう。

ですから、他の税理士との比較ができず、多少の不満があったとしても、こんなものなのかなと思ってしまうことが多いです。

顔を合わせた付き合いだから変更しづらい

中にはお客様とほとんど顔を合わせない税理士もいるかもしれませんが、多くの税理士は、少なくとも年に一回はお客様と顔を合わせます。

契約によっては、年に10回以上顔を合わすということもあるでしょう。

普段、顔を合わせた付き合いをしていると、税理士を変更するとは言いづらくなります。

実際に、税理士変更で弊事務所にきていただいたお客様も、前の税理士に「断りづらいよね。」とか、「何て言って断ったらいいのかな。」というようなことをおっしゃることが多いです。

これに関しては、税理士側は意外に慣れているので、「大丈夫だと思いますよ。」とお伝えすることがほとんどです。

実際にそれで問題になることはほとんどありません。

聞いた話では、税理士を変更すると伝えると、嫌味を言われたりするということもあるみたいなのですが、それは極めて珍しいことなのではないかと思います。

情報の進化によって税理士の変更は珍しいことではなくなるかも

今後は、一度契約をした税理士は変更しないということが変わる可能性が高いと思います。

まず先ほどの変更しない一番目の理由ですが、現在は紙の資料は少なくなっていて、情報のやりとりはデータで済むことが多くなっています。

色々な資料を探して、税理士に渡すということから、データを渡すだけということになれば、それほど大変なことにはならないでしょう。

謄本、定款、過去の申告書控え、過去の届出書控え、従業員の個人情報などデータであれば、かさばりもしないですし、簡単です。

今までよりも抵抗は少なくなるのではないでしょうか。

二番目の理由の他の税理士を知らないということも、状況がだいぶ変わってきています。

今では、インターネットで税理士の情報を簡単に探すことができます。

その税理士の特徴や強みなどをインターネットで知ることができます。

もちろん、すべての税理士がインターネットで情報を発信している訳ではありませんが、インターネットで情報を発信している税理士の中から選ぶだけでも、大きな問題はないと思います。

三番目の理由ですが、最近は、大きな税理士法人が増えてきています。

大きな税理士法人の場合、そもそも代表税理士を顔を合わすことがほとんど(というか全く)ありませんから、変更しづらいということもあまりないのではないかと思います。

大きな税理士法人の場合は、担当者も数年で変わることが珍しくありませんので、その点でも、税理士を変更しづらいということはないと思います。

今後も大きな税理士法人が増えてくると思うので、この傾向は強くなるのではないかと思います。

まとめ

税理士は一度契約をしたら、めったに変えるものではないと思っている人は今でも多いと思います。

しかし、今後は、その考え方が変わる可能性があります。

そうなると、税理士事務所を変更する人が大きく増える可能性があります。

税理士事務所の大移動が起こる可能性は十分あると思います。

傾向としては、大きな税理士法人に顧客が集中することになる可能性が高いとは思いますが、個人の税理士事務所にとってもチャンスはあると思っています。

このことは、新しく税理士事務所を始める人にとってもチャンスになると思います。

いずれにしても、時代の変化に対応した税理士事務所がお客様を獲得することになるのではないかと思っています。

【編集後記】

急に暑くなったので、週末は体調がすぐれませんでした。

暑さに身体がついていってない感じです。

娘にとっては、初めての夏なので、体調管理には十分に気を付けなといけないなと思います。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉 朝生

1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。