「いちばんおいしい家カレーをつくる」を読んで、欧風カレーを作ってみた

スポンサーリンク


6月頃から、NHKで「趣味どきっ! カレーの世界」という番組が全8回で放送されていました。

カレー研究家の水野仁輔さんが、カレーについて色々と紹介をする番組でした。

わたしは、水野さんのことは知らなかったのですが、テレビを見ていて面白い人だなと思いました。

番組で着ている服の胸には、いつも「CURRY」のロゴが入っていました。

あのロゴは、自分でデザインして色々な服に張り付けてるのかな?

それとも、自分でプロデュースして売っているのかな?とか、違うところが気になったりして(笑)

この番組を見て、自分でもカレーを作ってみようかなと思い、我が家のカレー担当になりました。

最初のうちは、市販のカレールウの箱に書いてある通りに作っていたのですが、少し凝ってみたくなり、水野さんの本を買っておいしい家カレーを作ってみることにしました。

 

この本では、おいしい家カレーとして、「欧風カレー」「インドカレー」「ファイナルカレー」の3つのレシピが紹介されています。

料理素人のわたしからすると、そんなに凝ったものはできないのですが、この本で紹介されているレシピなら何とかなるかなと思いました。

欧風カレーの作り方を簡単に紹介します。

にんにく、生姜、セロリ、ワイン、バターなど、わたしが普段は使っていない材料も使います。

本当は、ローリエも使うはずなのですが、今回は省略しました。

水野さん流のカレーの作り方の特徴の一つが、玉ねぎの炒め方です。

赤唐辛子を炒めてから、くし切りにした玉ねぎを入れます。

フタをして強めの中火で5分間蒸し焼きにします。

カレーで、玉ねぎを蒸し焼きにするってあまり聞かないですよね。

蒸し焼きにしたあとは、強火で表面を焼きます。

セロリ、人参、にんにく、しょうがはミキサーにかけてジュースにして、炒めた玉ねぎに加えます。

牛肉は塩こしょうで下ごしらえをしてから、バターで炒め、ワインを加えます。

炒めた牛肉と玉ねぎを合わせてからさらに炒め、水を加えます。

ここで隠し味として2種類のものを投入して、煮込みます。(隠し味に入れるものを知りたい方は本をご覧になってくださいね)

煮込みが終わったら、火を止めて、カレールウを入れます。

カレールウを入れたあと、1~2分煮込んで、出来上がりです。

どうでしょうか、手間とコストは少しかかりますが、難しいことはあまりありません。

普段は簡単なカレーしか作っていないわたしでも、作ることができました。

作っている途中から、にんにくやワイン、バターなどのいい香りが漂っていました。

個人的には、ドロドロのカレーはあまり好きではなかったのですが、この欧風カレーは、結構ドロドロしています。

しかし、嫌なドロドロ感ではありません。

味はどうかなぁと、一口食べてみると、いつも食べているよりも深みがあって、とても美味しいです。

本には、「市販のルウを使ってこの味ができるのか!という驚きを体験してほしい。」と書いてありますが、本当に市販のルウとは思えないくらい美味しいカレーができました。

まずは、欧風カレーを作ってみましたが、このあとは、インドカレーとファイナルカレーにも挑戦してみたいと思うようになりました。

家で、美味しいカレーを作りたいという人にとっては、おすすめの本だと思います。

【編集後記】

最近またジョギングを始めましたが、歩かずに走り続けることができません。

遅いペースでも息が続かないんですよね。

10kmくらいは歩かずに走れるようになれたらいいんですけどね。


 

千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事