ブログを開始して4年目をむかえていました

スポンサーリンク


2016年3月22日に開始したこのブログが、4年目をむかえていました。

昨年末まで2年10ヶ月の間平日毎日更新を続けていました。

それが年明け早々に平日毎日更新が途切れ、さらに確定申告時期にも更新が途絶えてしまいました。

そういう状態だったこともあり、4年目に突入していたことをすっかり忘れていました。

このような状況でも確定申告時期のPV数は、昨年よりも多く、更新が途絶えてもPV数に影響ないんだなと感じていました。

しかし、確定申告時期が終わると、PV数が下がりました。

毎年のことなのでわかってはいるのですが、やはり「うーん」と思ってしまいます。

なんか昨年よりも落ち込みが激しいと思ったのですが、昨年のこの時期のPV数を見てみたら、もっと落ち込んでいました。

やはり、更新が途絶えた影響はなく、例年通りということでしょう。

3年目の後半に更新が2度も途絶えたことでもわかるように、ブログに対するテンションは低めの状況です。

ブログを通じてやりたいことはあるにもかかわらず、なかなか思うようにいかない状況です。

思うようにいかないのでテンションが下がります。

思うようにいかないというのは、PV数が伸びないということではなく、ブログを通じてやりたいと思うことができていないということです。

何とか状況を打開しようと考えているのですが、なかなか難しいです。

そんな中でも、3年目は、ブログを採用活動に利用することができました。

これは新たな取り組みでした。

今後も採用活動をするとしたら、ブログを利用します。

さらにはブログの新しい展開も考えていきたいと思っています。

考え方や方向性が近い同業者との繋がり、町の税理士との繋がり、他士業との繋がりなどもやってみたいです。

考え方や方向性が近ければ、士業以外の人との繋がりもできればいいなと思っています。

特に、もともと知り合いではなかった人との出会いがあったらいいですね。

ブログを利用するのは事前に考え方や方向性が近いかどうかを知るためです。

繋がりはだれでもいい訳ではないので、ブログを通じて事前にどういう人かがわかるのは大切なことです。

町の税理士との繋がりは、全国的にできたらいいなとも思います。

全国に町の税理士の知り合いがいたら面白いですし、何か協力してできることがあるかもしれません。

地域を絞るよりは、全国各地の町で頑張る税理士同士の繋がりがあっても面白いでしょう。

あとは、なかなか難しいのですが、町の税理士として地元(地域)で頑張っているお客様紹介などもできればいいなと考えています。

難しいと書いた理由の一つは守秘義務の問題です。

お客様に了解を得て紹介することは可能だとは思うのですが、いざやろうとすると、色々と微妙な問題が発生するような気もします。

他にも、一部のお客様だけを紹介すると、他のお客様から、「私の会社も紹介して」と言われる可能性もあるかなと思います。

現時点では、このブログの影響力は大きくないので、紹介してと言われることはないとは思いますが、難しい問題になる可能性はあります。

紹介するお客様と紹介しないお客様との区分をするのは簡単なことではないでしょう。

お客様であるかどうかは関係なく地元(地域)で頑張る会社(お店)を紹介する方がいいかもしれません。

最近はブログで、なになにができていないというようなことを書くことが増えた気がします。

できれば、できていないではなく、あれをしたとかこれをしたと言うことを書きたいですね。

ブログも4年目ですから、継続という点では、ある程度の期間になりました。

今年はブログについて、もう少し強く結果を求める気持ちを持って書いていくことにします。

【編集後記】

YouTubeで生後1ヶ月くらいの赤ちゃんの動画を見ました。

自分の娘と動きがそっくりでちょっと安心しました。

わたしのように子育ての経験がないものにとって、赤ちゃんは不思議な動きをします。

他の赤ちゃんも同じような動きをするとわかると安心します。

赤ちゃん1人1人に個性があるはずなので、人と違うからだめということはありませんが、心配にはなります。

病気や何かの異常であれば、早めに発見して治療が必要になることもありますからね。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事