ちょっとでも間隔があくと、記事を書く感覚も変わってしまうが、それで良い

スポンサーリンク


先週の木曜金曜と、ブログの更新をお休みしました。

昨年もそうでしたが、確定申告の時期はブログの更新ができないことがあります。

今年も、確定申告が終わるまでは、更新できないことがあると思います。

このブログを毎日読んで頂いてる方がいらっしゃるかどうかはわかりませんが、更新されていない時は、「あー、仕事が忙しいんだな」と思って頂ければと思います。

早速、先週の木曜金曜と更新ができなかったわけですが、たった2日間更新をしなかっただけで、ブログを書く感覚が変わってしまいます。

大げさな気もしますが、今日はいつもと違う感覚です。

ブログを毎日、あるいは平日毎日更新している人の中には、更新を続けないとブログを書くのがきつくなり、ブログをやめてしまうかもしれないと思っている人もいるかと思います。

実際、いったん更新が途切れてしまうと継続するのは難しくなるように思います。

もちろん、更新を途切れさせずに更新することの方が難しいと思いますが。

あとは気持ちの問題でしょう。

今まで頑張って、毎日あるいは平日毎日更新していたものが、更新が途切れることにより、気持ちが切れてしまうということはあると思います。

ここを切り替えることができると、一旦更新が途切れても、再び更新できると思います。

わたしの場合、ブログを開始して3年近く平日毎日更新をしていましたが、1年ほど前に平日毎日更新は途切れてしまいました。

途切れた瞬間は、やはり気持ちが切れたような感覚はありました。

しかし、同時に楽になった気持ちもありました。

これで、平日毎日更新の呪縛から解放されたというような感覚です。

ブログを再開した後は、更新が途切れることへのこだわりがなくなり、以前よりも楽な気持ちでブログを書くことができるようになっています。

結果として、昨年の記事数は217個でした。

これだけ書ければ、大きな問題はないかなと思っています。

そうは言っても、2日間書かなかっただけで、感覚は変わってしまいます。

この感覚に慣れるのがいいのか、こういった感覚があるからこそ、あまり長く更新が滞らないようにしようと思うのがいいのかはわかりません。

ブログを続けている限り、このような感覚は続くのかもしれません。

ブログの本来の目的を考えると、更新を途切れさせないことよりも、ブログを長く続けることの方が大切だと思います。

ですから、更新が途切れたら途切れたで、気持ちを切り替えて、更新を続けていけばいいと思います。

ブログを書く感覚は変わりますが、更新を続けていれば、ブログの効果もそれほど変わらずに享受できるのではないでしょうか。

【編集後記】

関東地方では今夜から雪の予報が出ています。

予報では、千葉県は雨の様ですが、雪にならなければいいなぁ。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

スポンサーリンク

関連記事