2019年もよろしくお願いします

スポンサーリンク


年始ということで、今日も日記的な記事になります。

大晦日に、ブログとホームページのサーバー移転をしようと思いましたが、上手くいきませんでした。

途中で、「データベース接続確率エラー」という表示が出てとても焦りましたが、何とか見られるようにはなりました。

移転はできませんでしたが。

その後も悪戦苦闘しましたが、その日は力尽きました。

明日また挑戦する予定ですが、果たして上手くいくでしょうか。

上手くいかないときは、プラグインを使う方法もあるみたいなので、プラグインを使うことも検討しなくてはいけないですね。

今日は箱根駅伝をテレビで見ました。

いきなり大東文化大学でアクシデントがありました。

最近は駅伝を見ていると、このようなアクシデントを見ることが多いように思います。

その度に「美談がどうこう」という話がされるような気がします。

色々な問題があるとは思いますが、見ている人がどう思うかは人それぞれです。

運営側は考えて欲しいですが、見る人がどう思うかまでは強制されるものでなくていいのではないでしょうか。

他には、タスキを渡す際に次のランナーがいないというシーンが2回ほどありました。

どういうミスなのかはわかりませんが、ちょっと気になりました。

運営側が悪いのか、チーム側が悪いのかわかりませんが、ああいうシーンはない方がいいですね。

見ている方としては、青山学院が往路6位になったことで明日の復路が面白くなりましたね。

大晦日に紅白歌合戦を少し見ました。

石川さゆりを見て、天城越えか津軽海峡冬景色しか歌わないよなと思い、ウィキペディアを見てみたら、2007年以降はこの2曲を交互に歌っていることがわかりました。

わたしの記憶では、小学校の低学年の頃に津軽海峡冬景色を歌っているのを見ていました。

調べてみると、この曲は1977年1月1日に発売されていました。

そして、1977年に紅白歌合戦に初出場しています。

さきほど小学校の低学年と書きましたが、5歳の頃の記憶がかすかに残っているのかもしれません。

そこで気になったのが、石川さゆりって何歳なのだろうということです。

初出場のときはまだ19歳だったんですね。

子供だったわたしには、石川さゆりが何歳かなんてことには興味がありませんでしたが、子供にとっては大人が20歳でも30歳でも40歳でも、大人は大人なんですね。

今思うと、あのときの石川さゆりは19歳だったのかと驚きますが。

明日は再びサーバーの移転に挑戦します。

無事にサーバー移転できるでしょうか。

【編集後記】

千葉ロッテに岩下という期待の若手投手がいます。

岩下つながりということで、岩下の新生姜が千葉ロッテのオフィシャルスポンサーになりました。

このニュースを聞いていたので、スーパーで岩下の新生姜が気になって買ってみました。

初めて食べたと思いますが、思っていたよりも辛い感じがしました。

なれるとおいしく食べられるのかなと思います。


千葉市、四街道市、佐倉市を中心に地域密着を目指している「渡邉ともお税理士事務所」のホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
渡邉 朝生
1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。

スポンサーリンク

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

渡邉 朝生

1972年生まれ 千葉県生まれ、千葉県育ち。 四街道市在住。 小規模企業の節税に強い、渡邉ともお税理士事務所 代表税理士。 節税をしながら、長期の資産形成をサポート。